ブログトップ

菅野牧園

kannofarm.exblog.jp

報告

かなり遅くなってしまったのですが、サマーキャンプの報告をさせていただきます。大切な子どもさんを預かるというのは精神的にとても大変なことなんだなーと実感したサマーキャンプでした。今年度は思春期の子供さんもいてそうい意味でも大変でしたが、最後町の方とお別れするとき子供たちの涙ですべて報われた気持ちになりました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。




「おいでよ!マオイでなつやすみ」実行員会
                         代表  天野 敦子

お   礼

時下ますますご清祥のこととお喜び申しあげます。
このたび、福島の子どもたちを支援する「おいでよ!マオイでなつやすみ」実行委員会の活動に対しては、多大なるご協力をいただきありがとうございました。
 

子どもたちは長沼町の豊かな自然と温かい受け入れ体制の中で、充実した日々を過ごし、8月9日無事福島に帰郷しました。放射能の心配することなく自由に川遊びや外遊びをすることができ、参加した子どもたちにとって実り多い夏休みとなったようです。これも、ひとえに町内のみなさまや諸団体のご支援ご協力のおかげと深く感謝しております。


また、9月19日には実行委員会による総括を行い、活動の詳細および収支決算が報告されました。ご寄附いただいたすべての個人・団体の紹介はできませんが、個人団体含めまして503,000円のご支援をいただきました。
多くの物資提供に加え、施設利用の減免など格別の便宜を図っていただいたため、予定よりも大幅に出費が減少し、基金も合わせまして最終的に469,399円の収支となっております。
ご寄附や物資提供をいただいたみなさまには、改めてお礼を申し上げます。


 来年度以降も基金を活用しまして継続的な被災地支援、福島の子供たちを支援する活動を継続的に考えていきたいと思います。



今回の活動に参加協力いただいたみなさまはもちろん、また今回は参加の機会のなかったみなさまからも今後に向けたご意見を頂戴したいと考えております。
引き続きご支援ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

a0197170_14564118.jpg
a0197170_14584753.jpg
a0197170_1502887.jpg

[PR]
by kannofarm | 2013-03-29 14:53 | サマーキャンプ 北海道へ
つなげるつながる さくらプロジェクト >>