ブログトップ

菅野牧園

kannofarm.exblog.jp

カテゴリ:原発事故( 4 )

飯舘村の苦悩

a0197170_18562431.jpg
昨日、今日と妻と仲良く風邪を引き寝ていたのですが、昼に岩波​書店の十時さんから本が送られてきました。

私の写真と考えも少し載せていただいています。この本を書いた福​島大、千葉さんと松野さんはこの本の中でこう書いています。…ある​側面を切り取って誇張し、過大に取り上げる報道が、村の現実から​かけ離れていると思うことも少なくない。さらに恐れるのはメディ​アが、バイアスのかかった村の情報を切り取るようにして視聴者、​読者に提供したあげく、「飯舘村」を消費しきって捨てていくこと​である。…

飯舘村の抱える除染か移住かという問題はその人によって「正しさ​」や「正義」が違います。

飯舘の村民は今その中でお互いの共通のルールを作ろうともがいて​います。

哲学者ソクラテスは正義とは力がある人が創るものではなく、皆が​自分の立場を越えて誰もが納得できる、公平性や正義が見つけ出せ​ると言いました。

それは自分がいる社会的な立場から一歩離れて、他人の視点に立っ​てみること、そこには想像力が必要です。

飯舘は原子力災害の被災に遭い、震災が起きる前の問題が顕著化し​ました。問題だけれも問題にならなかったこと。それらにも必死に​一人一人が立ち向かっているのだと思います。

「復興」とはなんなのか。インフラを復旧すればそれでいいのか。​経済活動を合理化すればそれでいいのか。そこから考える時期に来​ているのかもしれないと思っています。



つなげるつながるさくらプロジェクトにご賛同いただきました皆様には桜を植える報告できませんで本当に申し訳ありません。飯舘村の見通しがつきましたら必ず実行いたします。申し訳ございません。
[PR]
by kannofarm | 2012-03-22 18:57 | 原発事故

牛のこと…

 今放射能の基準値を超えた牛肉が出回って大きな騒ぎになっています。やはり出てしまったか…と思いましたが、大幅な基準超え(基準値の数値もいかがかと思うが)しかも宮城県の藁を食べさせての福島県南での問題。県は原発事故後に収穫した藁を食べさせた農家への指導不足とある意味農家のせいにしていますが、そんな議論ではないと考えます。

 今回の事象はやはり広範囲に汚染が進んでいること。そして放射能と向き合いながら日本人は生きて行かなければならないこと。そのための覚悟と消費者と生産者の連携が今こそ大事だと思うこと。国と東電に国民の総意としての意思表示が必要ではないのかと思います。

 もっと細かなサンプリングと議論の整理、生産者と消費者の対話が必要だと思います。それを分断しかねない大学教授の無責任な発言とブログには怒りを感じます。危険と思うならなぜ代替案を国、県に提示しないのか。そう思います。
[PR]
by kannofarm | 2011-07-21 20:24 | 原発事故

原発事故、そして牛がいなくなった我が家

牛が家からいなくなるのは初めての経験です。少し涙が出ました。

a0197170_2552886.jpg


a0197170_2555510.jpg


すっかり刈遅れの牧草
a0197170_258912.jpg


道草は伸び、田んぼにも雑草が生えていました。里山の風景は農家が守っていることを改めて認識しました。
[PR]
by kannofarm | 2011-06-29 02:52 | 原発事故

3.11そして原発事故

 3.11私は福島市にいました。打ち合わせに向かう前の車中でした。電信柱は大きく振れ、建物の壁は崩れ、人々は立つこともままなりませんでした。信号は停電していたので動きません、道は所々亀裂が入っています。急ぐ気持ちを抑えながら急いで飯舘に戻りました。嫁にメールすると大丈夫だと言うこと、幸い家も瓦が少し崩れたのと、牛舎の水道管が破裂した程度で事なきを得たと思っていました…原発の問題が起こるまでは。
 地震後は私は消防団で地域の瓦屋根の補修、避難者の交通整理を行い、嫁は村の臨時職員でしたので津波被害に遭われた南相馬の方の受け入れを行っていました。
 
 停電でうまく情報が入らなくて、携帯電話も1週間ほど機能しなかったと思います。原発の爆発事故の中情報は錯綜、混乱の中での被災者受け入れを飯舘村は行っていました。この時はガソリンも極端に不足し冷静な対応をしながら状況を見極めるということを決めていました。

 その後水の問題、土壌の問題、IAEAの再検査、そして計画避難という経過をテレビや新聞報道で知らせれ、住民の混乱に拍車がかかります。「何をどう信じればいいのか」国の情報の出し方に憤りを覚え、原発の連絡協議会にも入っていない飯舘村がなぜこのような仕打ちを受けなければならないのか…。

 今回の事案をよく検証してエネルギーをどうしていくのかをみんなでよく考えていく。そうでなければ今原発問題で苦しんでいる方々の苦労は報われない、そう思います。
[PR]
by kannofarm | 2011-05-24 09:03 | 原発事故